RUN伴(ランとも)とは?

NPO法人認知症フレンドシップクラブが企画運営し、それぞれの地域の医療・福祉関係諸団体に属する者同士が有志で企画賛同して集まり、各都道府県実行委員会を構成して共同で開催するイベントです。

「認知症の人に何かの支援をするのではなく、認知症の人と一緒に何か目標を達成したい」そうした想いから、2011年にRUN伴が始まりました。認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して、認知症の人もそうでない人も、みんなでタスキをつなぎ、毎年7月~11月頃に全国各地でイベントが開催して全国を横断します。

2018年は37都道府県・海外(台湾)などで開催されました。


これまでの開催実績


RUN TOMO IS THE FUTURE STANDARD

 

RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、
認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。

認知症の人との出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを持ってしまいがちな地域の人々も、
喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。

RUN伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。

OUR VISION

- RUN伴が目指す社会 -

CONNECT

            認知症の人と出会う・繋がる。

THINK

               ジブンゴトとして考える。

ACTION

           それぞれができるアクションを。


CONCEPT MOVIE

- コンセプト映像 -